ハートセラピー心理学

人生経験と夫婦生活の中で得た幸せのプロを育成する心理学です。それに合わせて直感(インスピレーション)を駆使し、私たち夫婦と共に育つだけでなく、自分で自分を育てられるような生き方と考え方をお伝えしていきます。

友だち追加

褒めるのが苦手な人でも、自分のことを簡単に「賞賛」し「世界を変える」方法

本日は

ささ占いNo.132の続編ではなく

 

 

 

振り返りとしての1日を

綴ることにしました。

 

 

 

それはなぜかというと・・・

 

 

めちゃくちゃ

働いたからですw

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

起床後(6時台):ご飯をつくる

 

7時半頃〜17時半頃:仕事・昼食

 

仕事後:夕食の食材の買い出し

 

18時以降〜21時半

:食器洗い①・食事(調理は妻)・食器洗い②

・洗濯機清掃・トイレ清掃・風呂清掃(それぞれ結構しっかりと)

・洗濯・米とぎ・炊飯・猫の餌やり

・子供が体調不良のためマッサージ

・妻が疲れているためマッサージ

21時半過ぎ〜:入浴

 

そして

今ココです(笑)

 

・・・俺ってほんとスゲーわ( ̄▽ ̄)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

このように

 

私を含めて

日本人の多くは

勤勉でとてもよく働く

マインドが根強い人種だと思います。

 

 

そうであるにも関わらず

 

 

自分のことを

誉め讃えることはしません。

(厳密に言えば、その習慣が私たちにはありません)

 

 

だから、

そのギャップの中で

もがき苦しんだ末に

燃え尽きてしまう

 

 

というのが、

近年の現代人の

負のパターンなのです。

 

 

ですからまずは、

 

 

自分で自分を

1日最低一度でも

ねぎらうこと

 

 

 

それが

あなたを豊かにしていくための

絶対的な課題です。

 

 

それが日々できた上で

 

 

さらに

あることをすると

 

 

あなたのことを、あなた自身で

賞賛できるようになっていきます。

 

 

 

それは何か?

 

 

というと

 

A4用紙一枚で

「自分史」をつくること

 

です。

 

 

〜書き方のポイント〜

 

①自分のかすかな記憶でもいいので、幼い頃から書けるところまで書く

 

②上から下(下から上でもOK)に時系列・年齢を記入してから書き始める

 

③一年の自分にとってのインパクトのあった出来事を1・2コ箇条書きする

 

④ポジティブな出来事の場合は、そこでさらに自分がどのように(努力など)取り組んできたのかを書ければさらに◎

[受験・部活・職業など]

 

⑤ネガティブな出来事の場合は、その痛みを味わったことによって

今の自分のどんなポジティブな性格(生き方)につながっているかを書ければ◎

[いじめられていた→今では人に対する思いやりが深くなった]

 

 

この5つのポイントを組み合わせながら

一枚の紙に記載したら

 

 

まずは

 

○時系列で声に出して読んでください。

 

 

 

そして読み終わったら

 

 

 

○紙全体を

一枚の写真のように眺めながら

 

 

 

あなた自身に向けて

このような言葉で伝えてください(一例)

 

 

ワタシ(オレ)って

こんなにも

成長したんだなぁ・・・

 

頑張ってきて本当に立派だなぁ

などでもOK]

 

 

と伝えてみると

 

生きることが今まで以上に

楽しくなったり

 

自然と湧き出る自信が

備わっていきますよ♪

 

 

私が挙げた

1日単位の出来事でも

歴史の一部ですので

 

 

自分のことをより賞賛したい方は

一度だけでなく

 

何度も何度も

文字に起こす習慣を

自分に与えてあげてくださいね。

 

 

 

友だち追加