ハートセラピー心理学

人生経験と夫婦生活の中で得た幸せのプロを育成する心理学です。それに合わせて直感(インスピレーション)を駆使し、私たち夫婦と共に育つだけでなく、自分で自分を育てられるような生き方と考え方をお伝えしていきます。

友だち追加

自分にとっての「特別」を見つけるためのキーワードとは?〜No.132−②【ささ占い】事例編(前編)〜

昨日のメッセージでは

  

heart-therapy.hatenablog.com

 

『特別感』という言葉の捉え方は

人それぞれ異なるため

 

まずは自分にとっての解釈を

自らが明らかにしていくことを

提案しました。

 

 

では

どのような形で

自分にとっての特別を

見つけていけばいいのでしょうか?

 

 

 

 

そのキーワードとなるものが

 

「えこひいき」

 

です。

 

 

 

私は、特定の人物を

極端に好きになったり

極端に嫌いになったりする

そのような感覚が

 

今までほとんどありませんでした。

 

 

ですが、妻と過ごすようになってからというもの、この感覚の素晴らしさを理解し始めてきています。

 

 

 

過去に書いた【ささ占い】でもお伝えしていますが 

heart-therapy.hatenablog.com

 

ポジティブなことにも

ネガティブなことにも

肩入れすることに対し

自分にOKを出することで

 

 

今まで閉ざされていた

あなたの中にある「特別」の世界が

開き始めていきます。

 

 

 

私を例に挙げると

 

 

今まで「えこひいき」する

ことのなかった分野が

 

 

食 事 

 

 

です。

 

 

小さい頃は

そこそこ好き嫌いがあったのですが

30年以上の時を経て

ほぼ何でも食べれるようになりました。

 

 

なので

出てきたものには一切の文句は言わず

常にありがたく食べるセンスがある

とても素晴らしい夫の一人です(笑)

 

 

ただし

 

それが結果として

仇となったことがあります。

 

 

 

それは何かと言うと・・・

 

 

食べるだけ のために

際限なくお金を使うことができない。

 

 

ということでした。

 

 

 

例えば

 

結婚式などのイベントなどに

抱き合わせで含まれている

食事の場合なら

 

惜しみなく使うことができますが

 

 

ただ美味しく食べるだけ

のための食事となると

 

 

そこそこ何でも満足してしまうので

 

美味しいとはわかっていながらも

かなり抵抗があったんだな・・・

 

ということに気づいたのです。

 

 

というわけで

妻からの提案もあって

 

実際に

 

 

食事だけのために

自分と家族への

えこひいき(フルコース)

をやってみました

 

 

 

すると・・・

 

 

 f:id:act-sapporo:20171225214303j:image

 

 

 f:id:act-sapporo:20171225214333j:image

 

 

 

 

まさかまさかの・・・

 

 

貸切(状態)でしたw

 

 

 

その日に何十組も隣り合わせで

食事をするような

人気のレストランで

 

 

 

私たちに用意されていた場所は

まさに異空間だったのです・・・

 

 

(長くなりましたので後編に続きます。お楽しみに♪)

 

 

友だち追加