ハートセラピー心理学

人生経験と夫婦生活の中で得た幸せのプロを育成する心理学です。それに合わせて直感(インスピレーション)を駆使し、私たち夫婦と共に育つだけでなく、自分で自分を育てられるような生き方と考え方をお伝えしていきます。

友だち追加

情熱を持って生きるために、まずやっておくこと・・・8月16日【ささ占い】No.25

本日の占いのメッセージは

 

 f:id:act-sapporo:20170816181939j:image

 

湧き出た情熱を

  点火させるのも

    消火させるのも

      あなたが決める

 

です。

 

 

人は、湧き水のように流れる想いが、本来な普段から止めどなく流れています。

 

 

その中で

 

特に根拠はないんだけど

なんかやってみたいんだよなー

 

 

…ってフワリと思ったことって、ありません??

 

 

実はそこから湧き出た

情熱(熱量)が元となって

 

やってみたいことをやり始めていくのが、とても健康的な状態なのです。

 

 

 

本日の【ささ占い】では、あえてわかりやすいように

 

点火と消火という対比で

言葉に起こしましたが

 

本来であれば、物事を【水】に例えるとわかりやすいかと思います。

 

 

水に熱を加えれば

温まる

 

けれども、その温まった水も

 

人工的に冷やすか

放っておくことで

冷める

 

 

ということです。

 

なので、

 

一旦湧いて来た温かな想いを

何もせずにそのままにしておくと

 

温かくなった水が冷めていき、私たちが感じる温度ではなくなります。

 

また

 

湧いて来た想いを

なかったことにしようとする場合は

急激に水が冷やされます

 

 

そうすると、感じなくなるどころか後々その

 

違和感だけが残り

自分の体や心を脅かす可能性だけを

 

残してしまうのです。

 

 

 

ですから、まず最初の段階として

 

なかったことにはしない

 

こと。

 

それが、情熱を感じるための入り口として、とても重要だということをぜひ知っておくと良いでしょう。

 

そして、本来の情熱や熱量というものは

 

 

他の人から燃やされた

他燃性(たねんせい)のものではなく

 

自発的に燃やすことのできている

自燃性(=自然性:じねんせい)

 

です。

 

 

他燃性は、一時的には役立ちますが

あくまでも、本来の自分を知るための

 

ダミー(きっかけ)

 

であることをお忘れなく♬

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【必読!】佐佐(ささ)が占いを始めた経緯はコチラ

http://heart-therapy.hatenablog.com/entry/2017/07/23/143006

 

 

 

友だち追加