読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハートセラピー心理学

技術では超えられない壁を乗り超えたオリジナル心理学〜華麗な美しさだけではない泥臭さも表現し、パートナーシップから始まる豊かさ創作していく場所です〜

友だち追加

ファン歴が長い人は、ファン歴の短い人との争いをやめて、自分の〇〇を肯定しよう。

書きたくなって書きました(笑)

 

 

よく、同じ芸能人やアーティストが好きな方同士で、よくこんなことが起こります。

 

 

仮に

 

 

ファン歴が長い人を[A]さん

 

ファン歴が短い人を[B]さん

 

とし、知人という設定でいきます。

 

 

 

その中でのやりとりの一例。

 

〜某アーティスト  福山を例に〜

 (会話よりも、心の声により注目)

 

 

[A]:今日の福山のコンサートとてもワクワクするねー♬

 

[B]:そうなんですよー🎶

福山のことをもちろん前から知ってたんですけど、わりと最近好きになっちゃってー、ホント今は大好きで大好きで仕方ないんですー!

前の日の晩は夜も眠れませんでしたよー!

 

[A]:へぇー…そうなんだー。私も最初の頃、そんな時代あったなぁー。

ちなみにファンクラブにはいつ入会したの?

 

[B]:私ですかー?私は、2013年なんですー!

[A]:

(な〜んだ、まだたった三年かよ)

ちなみに、私は1998年に入ったわよ。

 

[B]:Aさん、すごいですねー!

もうすぐ20年じゃないですかー!?

いやー私ももう少し前から真剣に聴いてたら、きっと持つと前からファンクラブに入ってたと思うんですー。

だから、今ここぞとばかりにデビュー曲から聴きまくってますよー!

その中でも、〇〇っていうアルバムの曲にハマってるんですー!

 

[A]:あぁ〜あの曲いいよねー♬

やっぱりBさんも、さすがファンクラブに入っただけあるわねー。

 

(いやいや、その曲よりも玄人向けのあの曲を知らないなんて、あなたが好きと呼ぶにはまだ10年早いわね)

 

(そんな、最近好きになったくらいで、どの面下げて私と張り合おうとしてるの??)

 

(あなたと私の好きなレベルが全然違うのに、そんな気軽に好きって言わないでくれる!?)

 

 

このようなこと、意外とありますよね

( ̄▽ ̄)?

 

私も別な分野では、よく思うような時期がありましたわ、ホントに…

 

 

 

この会話では

 

常に相手との比較をしたり

 

競い合おうとしています

 

 

この会話が、他人軸で生きる人の典型的な例で、やればやるほど本音から遠ざかりストレスだけ溜めていきます。

 

最初は、自動反応でこう思う人もたくさんいるでしょう。

 

 

けれど、最終的には自分という中心軸へと置き換えることができる人になっていければ、ストレスだと思っていた会話そのものでさえも、自分へのエネルギーへと転換し、充填していくことができるようになります。

 

 

 

では、先ほどの会話を中心軸に戻して変換してみると、このようになります。(一例)

 

 

 

(いやいや、その曲よりも玄人向けのあの曲を知らないなんて、あなたが好きと呼ぶにはまだ10年早いわね)

 

→10年経つまで新たな側面に気づかないようなことだったんだよねー。私も成長したなぁ…

 

→そんな中で福山の魅力や奥深さを再発見できたのもすごいことだし、私ってこんなに人のことを長く好きでいられる人間なんだねー🎶

 

 

 

(そんな、最近好きになったくらいで、どの面下げて私と張り合おうとしてるの??)

 

→あなたと張り合いたくなるくらい、負けないって思うくらい私、福山のこと好きなのかもー!

人生の恋人のような存在として愛してきたからこそ、ライバル視してついつい私、嫉妬しちゃったわー。

 

 

 

(Bさんと私の好きなレベルが全然違うのに、そんな気軽に好きって言わないでくれる!?)

 

→意外と気づかなかったけどら、本当に私は人のことをこんなにも愛せる人間だったんだわー!

約20年も同じ人を愛し続けられる自分って、相当な【愛】の人だよね!

これなら、本当に好きな男性が見つかったときは私、愛されないわけがないわよねー♪

 

 

というような具合です☆

(タイトルの〇〇は【魅力】もしくは【好き】が答えとなります)

 

 

やってみたら、結構気分良くなりますよ🎶

 

 

 

せっかくだから、会話の中から出てくるあなたのエネルギーを、素敵な自分に向けて発信してみると面白いですよー。

 

 

以上、ハートセラピー心理学がオススメする

エネルギー変換法 の一例でした(^^)

 

ぜひこのヒントをもとに、自らコツを掴んでみてくださいねー。

 

f:id:act-sapporo:20170330223430p:image

 

 

ハートセラピー心理学 LINE@お友達募集中です♬

友だち追加   

登録してくれたら、相談の有無にかかわらず大喜びします\(^o^)/

(プチ相談のみ不定期ではありますが、佐佐が回答いたします♫)

仲良くしなくていいけど、〇〇しよう。

〜今日の湧いてきた言葉〜

 

 

 

をご紹介します。

(一言では終わりませんでしたw)

 

 

 

あなたの目の前にいる人たち全員とは

 

 

 

「仲良くしなくていい」

 

 

 

けれど

 

 

何かしら同じ目的で、お互い一緒にいるのだから

 

 

 

心地よい場づくりには

 

 

「協力しよう!」

 

(自分が必要だと思ったこと、共有したいと思ったことだけは、必ず伝えたり行動してみよう)

 

→自分のおせっかいだろうが、アドバイスだろうが、その場に必要なあらゆる可能性を伝えればいい

 

 

なぜなら

 

相手が受け取ってくれるかどうかの以前に

 

 

自分から動かなければ

 

相手は受け取るものがない

 

 

だからこそ

 

一度渡してみることで

相手の受け取り度が見えてくる

 

 

 

 

何度も言うけど

 

相手とは仲良くしなくていいし

もちろん嫌いになってもいい

 

 

けれど

 

 

あなたが居るこの場所(空間)は

 

 

決して相手の

 

 

【あげ足を取る場所ではない】

 

 

そこを履き違えないこと。

 

 

 

 

本来あなたの居る場所(空間)は全て

 

 

自分とその周囲の人々を

 

【豊かにする場所なのだ】

 

 

そこをぜひ

 

思い出してね♪

 

f:id:act-sapporo:20170315211700p:image

震災を風化させないために必要なことは、「出来事の記憶を忘れないようにすること」ではない。

3.11という6年経った昨日

 

みなさんは何をして過ごしていましたか?

 

 

 

ちなみに私は…

 

 

買い物したり、家族だんらんの生活を過ごしておりました。

 

 

一見、何も変わり映えのない生活ですね(笑)

 

 

でも

 

その一つ一つの行動には

 

自分に集中して生きていく

 

ということが散りばめられていす。

 

 

昔は買い物するにしても、ストレス発散のためだったのか

 

そこそこな物をいくつか買って、買い物自体に満足感をえるというスタイルが主流でした。

 

ですが、最近では

 

 

自分が心底、惚れ惚れするものだけを買う。

 

 

というスタイルが定着してきました。

(今回はパーカーだけで、ウン万円…を即決一点買いでした_:(´ཀ`」 ∠))

 

 

このような生活に完全に馴染みきったわけではありませんが

 

好きなことに集中し始めると、ムダなものが削ぎ落とされ、ますます楽しい暮らしができるのだと、段々とわかってきました。

 

 

このように

 

生きている(生かされている)

 

わたしたちには 

 

人生を楽しむ権利が

 

平等に与えられています。

 

 

様々なインフラが現代では整い

 

当たり前のように

 

何でも出来てしまう、そんな世の中です

 

 

 

 

日本は、震災大国ですが

 

それに対して、毎日を豊かに生きる様々なアドバンテージも、実はたくさん持っている

 

ということです。

 

そんな暮らしが、すでにできるというラッキーがも関わらず

 

 

この時代に、自分の人生を楽しめない方は

 

 

マジでボケナスです ε-(´∀`; )

 

 

何なら、復興されてない東北、熊本地域や、比較的治安の悪い外国に行ってみてください。

 

 

バカは「死ななきゃ直らない」とも言うくらいですから、何らかのネガティブ体験も、振り切るくらいやってみることも大切なんです。

(私は東北には行ったことがありますが、初めてのときは、ぼう然としたのを覚えています。) 

 

そんな、一度生きてる中での死んだような生活を目の当たりにすると、きっと半分くらいの人は目が覚めるかもしれないですね♬

 

 

そんなわけで

 

今回のテーマである

 

風化させないコツとしては…

 

 

 

過去の記憶に

 

囚われるのではなく

 

過去の出来事や体験を

 

自分の財産に変えること

 

 

つまり

 

【日常の当たり前の中に(奇跡や感謝が)ある】

 

という

 

一人ひとりの視点を広げて発見するチカラを養いつつ

 

自分だからできる、自分の人生の豊かになるための一歩を、日々踏み出していくこと。

 

 

それが

 

自分→家族→友人→社会→国家→世界→宇宙 というような流れで波及させていくのです。

 

 

上記の通りまずは、自分の核を満たしていくことが全ての基本です。

 

 

それでもなんとなく自分自身が、そんなに役に立っていないような…

 

そんな気も、もちろんしますけど実は近道だったということが後々わかります。

 

 

そして、あの世に還った人々の魂への、最大の貢献や最大の報いとなるのだと

 

私は、このプロセスを信頼しています(^^)

 

 

大丈夫。

 

やってみれば、わかりますから( ̄▽ ̄)

 

 

ぜひお試しください♪

 

 f:id:act-sapporo:20170312153031p:image

 

単なる「嫉妬や批判」を伝えるよりも、【好きを伝える】と逆転の可能性が高まる

先日お伝えした記事を読んでからこちらに来ると、とてもわかりやすくなっております(^^)

 

 

heart-therapy.hatenablog.com

 

 

 

前回の記事のより深い前提を、もう少し詳しくお伝えすると

 

自分が

 

 

大好き」になる自分の世界に

 

住み続けることを

 

 

まだ

 

 

心のどこかでは疑っているから

 

 

外から

 

批判を受ける現象が現れる

 

というお話が、あの一連の内容となっています。

 

 

 

 

ちなみに…

 

意識レベルや器が低い男性

 

を獲得したい場合は

 

嫉妬や批判は有効ですが

 

 

 

意識レベルや器が高い男性

 

を獲得したい場合には

 

 

素直に【好きを伝える】

 

 

ほうが、実は…逆転の余地が生まれます。

 

 

意外とみんな知らないでしょー?(笑)

 

 

 

もし、嫉妬したくなったら、そこで素直に伝えられるようになると

 

実は…

 

『愛の布石』

 

が相手に刻み込まれ

 

チャンスが到来する確率が高まっていくのです!

(もちろん会う機会があれば、さらにそのコミュニケーションを深めることが大切です)

 

嫉妬や批判する以上に、好きという想いを伝え

(けど、カラダは安易には与えない)

 

実は、応援されているのだ!という喜びの中に、相手への感謝などの目には見えにくい形で

 

【徳】が積まれていき

 

 いわゆる

 

恋愛宇宙預金

 

のようなものが徐々に貯まっていくのです。

 

その例をお伝えすると

  

 

前回のパターンでは

 

「あの彼女はやめた方がいい」

 

「あの子はまだネコかぶってるから、結婚したらきっと変わるよ」

 

「結婚しても、後々うまくいかなくなるよ。あの二人は」

 

でした。

 

 

 

これを、【好き】を加えた形で表現すると

(極端な例ですw)

 

「あの子はとても素敵な女性だよねー。女性の私から見てもとても思うなぁ♪」

 

 

「結婚しても変わらず上手くいくと思うし、きっと〇〇は誰と結婚しても素敵な夫婦でいられるかっこいいダンナさんになること間違いないね!」

 

 

「でもさぁ〜…実は私も〇〇のことが大好きだってことに気づいちゃったー。」

 

「だから、彼女はあなたに愛されてて、とってもうらやましいなぁって、今ヤキモチ焼いてるかも〜。」

 

「もし、余裕があったら、私もちょっとぐらい分けてくれたら嬉しいなぁ♬」

 

「あ、さっき言ってだからことは忘れていいからね(笑)」

 

「〇〇のことこれからも応援してるから、いつでも相談していいからねー。また一緒にごはん食べましょ♪」

 

(私のボキャブラリー不足でこんな会話になりましたが、ご容赦くださいw)

 

 

いかがでしたでしょうか?( ̄▽ ̄)

 

 

これが出来たからと言って、必ず逆転するわけではないですが

 

時間が経てば、現彼女側にも隙が出ます。

 

そして男性の多くは、このメッセージを受け取れば必ずこれを粋に感じます。

 

その隙が来るのをどっしりと構えた上で

 

好きでい続けるのか否かによって、展開が大きく変わることもあるのです。

(※もし、私もこんな風に言われ続けていたら、コロっと行ってたかもしれません(笑))

  

 

これはある意味、忍耐や信念などの愛や想いの要素が含まれており、テクニックだけでは解決できない本当に大切な部分です。

  

 

本当に自分が、より幸せで居るために

 

彼が必要だと感じているなら

 

 

自分は素直な想いを伝えた上で

 

まずは

 

そのときの彼なりの最大の愛を受け取りましょう。

 

 

正直なところ、自らの技術うんぬんで、略奪する必要なんてないと私は思います。

 

 

あなたの素直に想いさえ伝われば

 

本当に必要なパートナーシップなら

 

いつの間にか形勢が逆転し、相手の方からじんわりと近づいてきてくれますよ(^^)

 

 

今回は、そんな『第一歩目』のお話でした。

 

現在、このような立場にいる方への参考になれば幸いです。

 

彼と上手くいくかどうかではなく

 

今のあなたの気持ちを大切にして

 

お過ごしください♪

 

f:id:act-sapporo:20170308222639j:image

 

 

 

 

 

 

ハートセラピー心理学 LINE@お友達募集中です♬

友だち追加   

※事細かなご相談は現在休止中です

→簡単なお返事ははブログまたはメッセージにて回答します

※許可なくブログに(実名以外で)掲載する場合がありますので

そちらをご理解の上でご相談ください

※登録および佐佐へのご相談は無料です!

(ただし、恋愛・人間関係がテーマの場合のみ対応いたします)

 

 

 

人を「大好き」になると、その分不安も出る。そのことを放っておくと次第に〇〇される。

最近とても健康的な、ハートセラピー佐佐です♬

 

3月初投稿ですが、いきなりガッツリ記事書きました。(笑)

 

 

突然ですが…

 

あなたは

 

誰かのことを「大好き」になったことはありますか?

 

 

私は

 

 

妻が大好き(о´∀`о)

 

 

です(笑)

 

 

今ではようやく平気で言えるようになりましたけれど

 

 

5年ほど前までは

 

「好き」

 

の感覚がだいぶ麻痺していて重症でした(汗)

 

 

そんな私が実際に経験したことを交えて、今回のテーマをお話します。

 

 

実は…

 

妻のことは早い段階で「大好き」になってはいましたが

 

 

そんなに私は、心が強くはありませんので、当時は不安がいっぱい出てきていたはず。

(クリアした過去のことは結構忘れてますw)

 

 

なので、妻とお付き合いした当初は、具体的にはこのような心の声が時折出ていました。

 

○「本当にこの人と一緒にいてずっと良い関係で居られるかな…?大丈夫かな…?」

 

○「いや、きっと大丈夫だ!いける!」

 

というような感じで

 

 

度々この

 

無意識のネガティブな声と

 

気合いを入れるかのような

やや意識的なポジティブな声が

 

が交差していたのです。

 

(ですが、ハートセラピーでお伝えしているように、無意識の声の方がエネルギーが強いため、当時の意識の声はまだまだ劣勢です)

 

 

そのことからも

 

ある時期を境に、その心の声が目の前に現象として現れ始めました。

 

 

 

 

一言一句は忘れましたが、ニュアンスはこんな感じ。

 

 

「あの彼女はやめた方がいい」

 

 

「あの子まだネコかぶっているから、結婚したらきっと変わるよ」

 

 

「結婚しても、後々うまくいかなくなるよ。あの二人は」

 

そのようなことを一部言われたり

 

第三者からもそう言われている。

 

という噂を聴かされたこともあります。

 

 

当時の私はまだまだ、軸が定まり切っておりませんでした。

 

 

それは

 

セラピストが抱える課題

 

からやりがちな

 

本当の優しさとは言い切れない思わせぶり

 

な態度を多くの人に取っていたということ。

(いろいろやり切ったので、もちろん最初から最後まで悔いはないです。)

 

 

 

そうなれば、妻は目の敵にもなりうるわけで、当然、嫉妬する人が現れます(汗)

         (↑  ◯◯の答えです)

 

 

その時に、お陰さまで気づかせて頂きました。

 

だからこそ、今のところはドヤ顔でいられています(笑)

 

 

 

 

一番想いを寄せている人への批判を受けると

 

通常

 

『テメェふざけんな💢』

『俺の気持ちを踏みにじっていることを、分かってて、それを言ってんのかボケ!』

 

というような気持ちになるのが、比較的健全な反論です。

 

 

それが、何らかの過去の罪悪感を持ち続けていたり、他人から受けるメッセージ性の影響が強い人は 

 

 

『え…?やっぱりそうなのかな?』

『そしたら、それなりの準備をしておかないとなー』

 

 

となる場合が多々あります。

 

そして次第に、ゆるゆるとコントロールされていき

 

他人にあなたの心が

略奪されるのです【※厳重注意】

  

 

私も後者がやや残っていたので、やはり一時的に揺れ動く体験を何度もしてきました。

 

 

 

そこで、明確になったことは

 

 

相手のポテンシャルや、完成度などの、相手の素質などの姿カタチを見て選ぶのではなく

 

【将来どんなに残念な結果になったとしても、今この人と本当に一緒に居たい!と思える人かどうか】

 

というその気持ちや、想いを選んで行動する。

 

 

言い換えると

 

《自分が選んだという覚悟》

 

を大切にしていくと、必ず恋愛では成長していきます♬

 

〜私が今までの恋愛の中で、初めてこの感覚があった人が唯一、妻だけだったのです。〜

 

この選択や、他の様々な体験により訪れる新たな選択を継続的に行われなければ、今の妻との関係性はここまで築き上げることができてなかったと思います。

 

 

これは、パートナーシップが安定するまでの間はしばらく続きますし、もちろん安定した後も完全になくなるわけではありません。

 

 

つまり、パートナーシップは

 

永遠の創作活動

 

です。

 

 

 

それを受け入れた上で目の前の大切な人と一つ一つ関係性を紡いでいけば、間違いなく将来的には良くなっていくということを断言します。

 

 

ただし、お互いの速度が変われば一時的にパートナーシップの解消からの、寂しさを味わうこともあります。

 

 

それでも、結果として新たな出逢いが訪れ、自分が自らを幸せへと導いてくれますので、そんな未来の自分を信頼しながら

 

 

自分の「好き」から始まる

後悔のない選択の日々をお楽しみください♪

 

次回は、嫉妬する側の立場の方に向けた、幸せになるための第一歩を書きたいと思います。

 

 f:id:act-sapporo:20170304235740j:image

 

 

 

 

友だち追加